法人向けパソコン購入ポイント

法人向けパソコンの選び方

上司から会社で使うパソコンを選定しておくようにと依頼されたけど、家電量販店で購入するのと何が違うの?との悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。今回は、法人向けパソコンを購入する前に確認すべき社内のポイントとパソコンの選び方についてご紹介します。

既成品?それともBTO?

使い易いソフトと納品スピードなら既成品

法人向けのパソコンを選ぶ際に迷うことの一つとして、既成品を選ぶかどうかといった点が挙げられます。実際にパソコンを使う社員のスキルや必要となる作業によって、パソコンの選び方は変わってくるものの、やはり既成品の良さといえば納品までのスピードです。既にパソコンが出来上がっており、変更をしたり、設定し直すという手間がない分、在庫さえあれば直ぐに納品してもらえる点はとてもあり難いと言えます。また、既成品の特徴として、ある程度、ソフトやアプリが既にインストールされているので、直ぐに使い始めることが出来るというのも大きなポイントです。法人向けのパソコンを直ぐに揃えたい場合や、パソコン導入後に直ぐ使い始めたい場合などは、既成品のパソコンがお勧めと言えます。

スペック重視ならBTO

法人向けのパソコンで高いスペックのパソコンが必要な場合は、やはりBTOがお勧めです。既成品ではスペックに限りがありますし、細かい部分まで設定出来ることは少ないので、やや役不足といったことになりかねません。必要なスペックがはっきりしている場合や、高いスペックを求めるなら、BTOを選ぶ方が希望のパソコンを手に入れ易いと言えます。ただし、スペックによっては値段が上がりますし、注文してから納品までにパソコンをカスタマイズするため、時間がかかる場合もあるので注意が必要になります。特定のソフトを使う為に高いスペックのパソコンが必要であったり、余計なものを入れずに、使い易い環境をカスタマイズしたパソコンが欲しい場合には、BTOがお勧めと言えます。