法人向けパソコン購入ポイント

法人向けパソコンの選び方

上司から会社で使うパソコンを選定しておくようにと依頼されたけど、家電量販店で購入するのと何が違うの?との悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。今回は、法人向けパソコンを購入する前に確認すべき社内のポイントとパソコンの選び方についてご紹介します。

デスクトップ型か?ノート型か?

デスクトップ型を選ぶメリット

デスクトップ型はCPUやメモリなど、高スペックのパソコンを導入したいときにおすすめです。タワー型は内部のスペースにも余裕があり、パーツの交換も簡単に行えます。設置場所が限られているときは、モニターと本体が一体になっているタイプが最適です。配線が最小限で見た目もすっきりしているので、受付など店舗での利用にも向いています。法人向けのデスクトップ型はサイズも幅広く、環境に合わせて設置できるのが魅力です。コンパクトな機種も人気が高く、モニターの裏に取り付ける超小型タイプもあります。コンパクトな機種は拡張性が低くなってしまいますが、作業に必要なスペックを満たしていれば仕事の効率が落ちる心配はありません。

ノート型を選ぶメリット

ノート型は本体が軽く、さまざまな場所へ持ち運べるのが大きなメリットです。スペックも幅広く用意されているので、ビジネス文書を作るのはもちろんコンテンツ制作などクリエイティブな作業も行えます。ディスプレイは大きさだけでなく、解像度も忘れずにチェックしてみて下さい。解像度が高くなるほど作業領域も広く使えるようになります。キーボードが取り外せて、タブレットとして使えるタイプも便利です。タッチディスプレイを搭載したものなら、スマホのように直感的に操作できます。デスクトップ型の代替として使うなら、大画面のタイプがおすすめです。モニターを別に用意して、ノート型の拡張ディスプレイとして活用する方法もあります。