法人向けパソコン購入ポイント

法人向けパソコンの選び方

上司から会社で使うパソコンを選定しておくようにと依頼されたけど、家電量販店で購入するのと何が違うの?との悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。今回は、法人向けパソコンを購入する前に確認すべき社内のポイントとパソコンの選び方についてご紹介します。

国内メーカー?海外メーカー?サポート体制の違いに注目!

国内メーカーは国内に多くのサポートセンターがある

ビジネスにおいて欠かせないアイテムとしてパソコンがあります。コミュニケーションツールとしても使いますし、事務作業やクリエイティブな業務で利用するときもあります。ビジネスでは法人向けパソコンを使う頻度が多くなりますが、その時の選び方としてメーカーの国をチェックするときがあります。日本であれば国内メーカーも選択肢に入るでしょう。日本メーカーのいいところとして、サポートセンターがたくさんあるところでしょう。関東地区や関西地区、その他北海道や九州など地方と呼ばれるところにも設置されているメーカーもあります。故障した時には配送をしたり直接来てもらったりが必要になります。サポートセンターがたくさんあるメーカーであれば、故障からの復旧がしやすくなります。

海外メーカーは電話やメールサポートが充実している

パソコンを使っていて困るのは不具合が出た時です。全くパソコンが動かないときもあれば、一応動いているが突然止まるときがあります。ソフトに問題があるときもありますが、ハードに問題があるときは何らかの対応が必要です。法人向けパソコンを導入するとき、価格面などから海外メーカーを利用するかもしれません。国内メーカーに比べるとどうしてもサポートの拠点は少なくなるので注意が必要です。日本に一つのところもあれば、東日本と西日本に一つずつなどもあります。かといってサポート体制が整っていないわけではありません。電話やメールなどで対応してもらえるので、簡単なトラブルなどはそれらを通じて解決ができます。修理対応となると国内メーカーより少し遅くなるかもしれません。